CATEGORY 訪問看護ステーション

2015年

訪問看護ステーションでの上限額管理票の記載について

これまでの難病指定や小児慢性特定疾患の方の利用料の支払い方法が変更されたことによる、上限額管理票の扱いで大変なのではないでしょうか?いったい何を記載すべきなのかってことを現時点で分かっている範囲でまとめてみました。(2015年1月7日現在の情報に基づいて記載しています)

機能強化型訪問看護

機能強化型訪問看護ステーション算定のために合併ってありなのか?

小規模な訪問看護ステーションだと、機能強化型訪問看護ステーションを算定することは難しい。だったら近隣のステーションと合併して一方をサテライト化すれば、機能強化型訪問看護ステーションを算定することができるんじゃあないのかな?

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションでの連携 看護師とセラピストの同行訪問

理学療法士や作業療法士や言語聴覚士が一人しかいないような訪問看護ステーションに勤務しているセラピストや看護師さんは多いと思います。その一人しかいないセラピストとはうまく連携できていますか?それとも、イマイチですか?そんなことを書いてみました。

おすすめ

小さな事業所にはおすすめの介護保険請求ソフト

訪問看護ステーションなどの介護保険のサービスを提供している事業所が毎月行わなければならないのが請求業務。国保連への伝送などなど事務処理作業量が多くて大変ですよね。しかも請求ソフトは価格が高い!そこで小さな事業所の運営に向いている介護保険の請求ソフトのご紹介です。

機能強化型訪問看護

機能強化型訪問看護ステーションの算定要件が決まる

機能強化型訪問看護ステーションの人員規準を中心とする算定要件が、公開された。報酬が大きい「機能強化型訪問看護療養費1」では看護師の人員基準がサテライト込みで7人以上となった。医療法人系の大規模なステーションに有利な展開だ。そのあたりのことをまとめてみた。

訪問看護ステーション

看護師さんの転職先としての訪問看護ステーション

看護師を嫁に持つ、訪問リハビリテーションの現場で働いている作業療法士が、看護師さんの転職先としての訪問看護ステーションについて考えてみたい。このサイトのいつものことですが、訪問の現場で働いている視点から書いておりますので、教科書的な内容とは異なります。その分現場視点でしっかり書いてみます。